ワキガには重度なら外科的な治療をしよう

ワキガクリームを使用している人の中にはできるだけワキガの臭いを抑えたいという気持ちから使用している人もいると思います。

他の体臭と違って臭いが強烈なことに加えて、自分の力だけではどうにも改善することができないことを考えると他の体臭で悩むよりも切実な悩みであることが少なくありません。

あるレベルの範囲までならワキガクリームやワキガ対策サプリを飲用することによって症状を抑えることも可能ですが、あるレベルの範囲を超えてくるとこれらの対策では臭いを取り除くことができなくなります。

そうなってくるとワキガ対策の最後の砦になる手術という選択肢しか他なくなりますが、この方法の場合は皮膚科やクリニックで医師の診察を受ける必要があり、そこから手術に向かってのプランを立てていくことになります。

手術の内容に関しては皮膚を切開してアポクリン線を取り除くのが従来の方法で、これは医師の目視で取り除くことから高い効果が期待できます。

ただし、これだと手術痕が残ってしまうため特にワキの除毛をする女性だとワキの部分を露出した場合に手術をしたことが知られてしまう可能性があるためその点については注意する必要があります。

最近だと超音波を使用した対策がメジャーになりつつあり、これだと即日で治療を受けることができるなどのメリットがありますが、その一方でアポクリン線が復活するなどのリスクもあるためどちらの手術も一長一短で十分に検討をする必要があります。